鎌取教室テスト結果・合格実績

2018年度の主なテスト結果です!(2018.09.14.現在)
2017年度の主なテスト結果です!

 
 
成績アップ事例が多いのにはきちんとした理由があります

 

特に意識して行動してもらっていることは「1週間のスケジュールを決めてその通りに学習すること」です。

もう一つは「全学年・全科目を無料サポートすること」です。

 

上記2点を実行してもらうだけで確実に学習効果が高まります

 

 

◎一人ひとりの学力・目的に合わせた指導を行ないます:

生徒一人ひとりの学力と目的に合わせた指導を徹底して行ないます。普段は学校の授業を1~2週間分先取りすることで、お子様のやる気を引き出し、学校の授業の理解を確実にします。春・夏・冬休みなど学校が休みの期間には講習会を実施、復習を中心に学習することで、苦手なところをできるようにしてさらに上のレベルを目指してもらうことを心がけています。

また中学生は毎週「学校のワークチェック(5科目)」を行っています。学校の学習進度に沿って5科目で学習を行う習慣を身につけてもらうことで「5科目全体での成績アップ」を目指して、生徒の皆さんは実際に結果を出しています。

定期テスト前にはテスト対策授業と無料勉強会を実施。演習量を増やすことで「これだけやったからできるようになった」と実際に結果を出して自信を持ってもらえるようになります。

高校生は部活で忙しい人が多いのですが、学習スケジュールを決めて学習してもらうことで学習時間の確保を図っています。  

                                      

◎受験生に対するフォローもしっかり行ないます: 

受験生は入試で確実に得点を取ることを目的にした指導を行なっています。中3の夏休み前までは学校の授業内容に沿った指導を行い、夏休み以降は秋合宿も行ないながらスピードアップ。12月中旬までに中学の学習範囲を終わらせた上で、私立過去問・公立過去問演習を行いながら弱点をなくしていきます。

面接・自己表現対策も確実にできるまで徹底。私立の推薦にも必要な内申点対策も受験勉強と並行してしっかり行なっています。

*中3生、高3生、中学受験生に関しては年間学習スケジュールを最初に作成した上で受験までの計画に沿って指導を行ないます。

 

◎担任制による一貫した指導です: 

しっかりと研修を受けた講師陣が担任制で指導を行いますので、一貫性のあるわかりやすい授業を受けることができます。   

 

◎学校情報・受験情報などが充実しています: 

学校・先生の情報や、受験情報、参考書、過去問などが充実。年2回の定期保護者面談や学習相談・進路相談をより細かく具体的に行っています。また、受験・教育情報もどこよりも早く皆さんにお伝えするようにしています。「Vもぎ」の進学研究会の講師を招いての高校入試説明会も行ない、進路決定のためのご参考にしていただけるようにしています。

 

◎自習しやすい環境です: 

自習室は通常時は高校生、講習時は中学生も利用できます。またブースも教室が開いている日は自習でいつでも自由に利用できます。家で集中できない人は塾で勉強ができますので、生徒・保護者の方からも好評です。わからない問題もその場で質問できますので、すぐに解決して先に進むことが可能です。                  

 

高校生も教科書+チャートなどの演習問題を徹底的に学習させています。基本は「点を取らせて自信につなげる」。基本にあくまでも忠実にすることが結果につながると考え実行し、実際に結果を出しています。

*基本は「勉強・演習量の多さ=学力アップ」と考えています。学習量をしっかりとることで「わかる」だけでなく「できる」ようになります。勉強会などでは理解度が低いと感じる場合は「4時間数学だけ」ひたすらパターン問題を解かせてしっかり覚えさせるということもあります。

*入塾試験は基本的にありません。やる気のある人を受け入れ、誠心誠意指導させていただきます。

*「定期テスト勉強会」、「秋合宿」などのイベントも継続して行なっています。

 

 

↑テスト勉強会の様子 みんな集中しています!

 

主な成績アップ事例は以下の通りです:

 

定期テスト学年9位→4位(中2)

4月偏差値45→前期中間 432点、学年順位 30/170位!(中1) 

中3進研テスト・Vもぎ等でも確実に結果を出しています!: 

・受験直前9月→11月で偏差値37→57(H27在籍中3生) 

 (念のためにVもぎ過去問も解いてもらいましたが偏差値57でした)

・2ヶ月で偏差値63→70(千葉東他合格)

・2ヶ月で偏差値57→62(幕張総合他合格)

・6ヶ月で偏差値51→60(検見川高校他合格)

・3ヶ月で偏差値7アップ(土気高他合格)

・2ヶ月で偏差値6アップ(京葉高他合格)

・2ヶ月で偏差値5アップ(検見川高他合格)

・3ヶ月で偏差値5アップ+学力テスト国語学年2位(国語受講生・幕張総合他合格)

・学力テスト学年1位、定期テスト4位(千葉東高校・志学館SS特奨合格)

 

公立中以外でも私立中高・公立高校生の年間スケジュールに合わせてテスト対策を行なっています。

 

 

その他の成績アップ事例です

高2 T君  クラス40位が入塾後に1年間かけて19位に!

 部活が忙しく完全に行き詰っていた状態で入室したT君。1年かけて古文・英語・数学を中心に学習。徐々に成績を上げてクラス中位になりました。今年度は受験生ですが志望校もはっきりと見えてきています。

 ※その後文武両道で頑張った結果AO推薦入試で武蔵野大学経済学部経営学科に合格しました!

 

中1 Mさん  入塾2週間後の定期テストで数学38点、合計で50点UP!

 徐々に学校の勉強が分からなくなっていたMさんは後期期末テストの2週間前に入塾。タイミングよく定期テスト無料勉強会にも参加でき、自習にも来てくれました。「わからないからできない」状態を「できるようにする」ことで数学はすぐ結果が出ました。次は中1最初の点数以上を取らせてあげることが目標です。

 

中2 Gさん、Hさん  入塾後1ヶ月の定期テストで前回より60&80点以上成績UP!  

 成績が下がって入塾後すぐに結果が出せた2人、でも普通に勉強したわけではありません。テスト前4回実施した勉強会にはすべて参加、夜も10時まで自習して教室長を質問攻めにした結果です。「今までで一番勉強した!」と言っていますが、そのプレッシャーをはねのけ、結果を出しました(Gさんは数学で32点、Hさんも20点UPしました!)。理科などの暗記科目も順調に上げています。

 

高1 N君   夏期講習から初めて3ヶ月で数学50点UP! 

 スタートダッシュがうまく行かなかったN君。解法を徹底的に教えた結果1回のテストで結果が出ました。現時点で100位成績が上がりました。ただいま自分でどんどん学習する習慣をつけるために頑張っています。自習ブースも上手に利用しています。         

 

中2 Fさん  前期期末テストで85点UP!やる気も出てきた!
 1年生の途中でつまづいたFさんは昨年の2月に入塾、1年のテキストからやり直しました。前期中間テストでは科目により点数にムラがありすぐに結果が出ませんでしたが、期末テストは夏休みに集中して学習したこともあり見事85点のUPを果たしました。本人は「まだ伸ばす」と言っています。私たちもその希望に応えるべく頑張ります!

 そして...

後期中間テストでは前期中間テストから順調に順位を上げ70番成績が上がりました!

  さらに...

3年の前期中間テストで前回より71点アップ!過去最高!

 途中伸び悩む時期もありましたが受験に向けて勉強に集中できるようになりました。夏期講習も頑張り中3のこの時期に中学に入ってからの自己最高点!立派です!

 

中2 Gさん  前期中間テストで47点UP!数学は22点UP!

 2月に他塾で成績が伸びず入塾したGさん。まず生活習慣の見直しから入りました。まだ生活習慣に関しては経過を注意して見ていますが、定期テスト前はとにかく特訓、自信をつけるためにあえてスパルタで教室長が自習に付き合いました。

 

中3 Hさん  前期中間テストで英語が80点から93点に!自信がついてきた! 

 中2の最初から通っているHさんは英語は常に80点台はキープしていたものの、いまひとつ自信が持てていませんでした。保護者面談で教室長おすすめの英単語熟語学習法を教えて、授業時には毎回の単語テストを行ない今回93点!「自信がついた」と言っています。合計点も30点アップ!進研テストの偏差値も中2冬56から中3春64にアップ!まだ伸びます。

 

高2 S君  中学から苦手な英語を根気強く勉強して学年末で平均点以上に
 中学英語から見直しを徹底的に行い、教科書の内容を徹底的に反復することで力をつけました。忙しいですが講習会にも欠かさず参加しています。今年最初のテストでも平均点をクリアー。自信がついてきました。そして今回(10月の中間テスト)で93点!!平均点も軽々クリアー。前々回のテストから27点アップです!           

 

中2 D君  前期期末テストで自己ベスト!!

 中学になってから本格的に英語の勉強を始めましたが、丁寧な指導で小学校から英会話等に通っている生徒に引けをとらず頑張っています。定期テスト前は追加授業で強化したい科目・単元を受講して5科目すべてでよい成績を残しています。今回点数でも順位でも自己ベストを更新!コンスタントに400点台を取り続けています。

 

中3 A君  後期中間テストで44点アップ(自己最高450点台) 

 とにかく5科目すべてのプリントを徹底的にやってもらいました。わからないところは自習に来て教室長や講師にわかるまで聞いて自分のものにしました。

 

中2 B君  入塾前と比べて定期テストの点数・順位が50以上アップ 

 特に苦手な英語で50点台から90点台にアップ、教科書を中心に文法事項を整理して丁寧に教えた結果です。もちろん本人のやる気も成績UPの要因です。

 

中3 C君  苦手な英語が入塾後最初の後期中間テストで20点以上アップ
 入塾前は半ば諦めかけていた科目でしたが、志望校合格目指して頑張るという強い意志があり、すぐに結果が出せました。志望校にも見事合格しました。

 

中2 Sさん  後期期末テストで前回より80点アップ、数学は20点アップ 

 なかなか勉強のリズムがつかめずにいたSさんですが、テスト前勉強会・自習等で頑張らせた結果、前回より大幅に点数を上げることができました。この勢いを次回にも活かしてもらいたいと思います。

 

中2 Y君  後期中間テストで英語30点、数学21点アップ

 夏期講習後に入塾したY君、最初は学習のペースがつかめませんでしたが、後期中間テストでは見事に得点アップを果たしました。本人も照れくさそうですがうれしそうです。現在勉強の質の向上に取り組み中です。

 

中1 Mさん  入塾2週間後の後期期末テストで数学38点、合計50点アップ

 テスト前2週間前に入塾したMさん、勉強会や自習にも来てがんばりました。数学は一気に38点アップ、合計でも50点アップで順位も大幅にアップ。「やればできる」という自信がつきました。

 

この他にも成績アップ事例が多くありますが、共通していることはただ一つ「スケジュールを決めて学習してもらった」ということです。

 

鎌取教室主要合格実績

 

大学・短大・専門:東京海洋大、北里大(薬・理)、東邦大(5名薬・看護・理学部)、東京農業大(4名4学部)、日本大(理工・生物資源科学)、東洋大、武蔵野大(2名AO/一般)、帝京大(薬)、女子栄養大、亜細亜大(2名2学部)、駒澤大、共立女子大、大妻女子大(家政他2名2学部)、国際医療福祉大学(成田医療学部・A特待)、和洋女子大、麗澤大、千葉工大(4名4学部)、創価大(2学部3学科)、帝京平成大(看護・理学療法・作業療法他3学部8名、AO特待含む)、ハワイ東海インターナショナルカレッジ、城西国際大学(2学部3名)、了徳寺大学、植草学園大学、鎌倉女子大、関東学院大、文化女子大、敬愛大、千葉商科(4学部)、聖徳大、淑徳大(看護・栄養・人文・社会福祉他4名)、亀田医療大学、東海大(法・情報他)、明海大、千葉経済大、東京情報大、東京成徳大、青山学院女子短大、共立女子短大、帝京平成看護短大、県立鶴舞看護専門学校、亀田医療技術専門学校、市原看護専門学校、東京医療福祉専門学校、東京眼鏡学院、千葉スポーツアンドリゾート専門学校(特待)、山王看護専門学校 他、

高校:千葉東高、長生高(普通・理数)、市立千葉高、市立稲毛高、幕張総合高、千葉西高、検見川高、千葉南高、磯辺高、東金高、千葉工業高、土気高、市原八幡高、生浜高、京葉高、佐倉東高、柏井高、大網高、四街道北高、泉高、日大一高、千葉日大一高、志学館高等部(SS・S特奨含む)、日大習志野高、東海大学付属浦安高、市原中央高(I類A特待他)、千葉敬愛高(特進他)、千葉明徳高(総進HS・S)、千葉経済大附属高(普・商・情)、東海大学付属市原望洋高(スーパー特進・総進)、東京学館船橋高、千葉学芸高、千葉聖心高、愛国四街道高、植草学園大学附属高(特進他)、茂原北陵高、桜林高、拓大紅陵高、木更津総合高、郁文館グローバル高 他

中学校・小学校:国立千葉大教育学部附属中、稲毛高附属中、日出学園中、千葉日大一中、和洋国府台女子中、暁星国際中、千葉日大一小(編入) 他 (2018.03.07.現在)

 

京進全体の合格実績(スクール・ワン含む・2017年度)

 

国公立大: 東大 2名、京大 17名、大阪大 25名、名大 13名、滋賀大 45名、金沢大 13名、神戸大 17名 他 

私立大: 早慶上智理 44名、MARCH南山 361名、成成明学國独武・日東駒専 35名、関関同立 936名、産近甲龍 1,057名 他                                              

中学入試: 1,738名

高校入試: 10,138名

 

合格者それぞれにストーリーやエピソードがあります。ここではいくつかの例を紹介します。

A君(千葉工業大学合格)は高2の春から鎌取教室で勉強を開始しました。当初の志望校は千葉工業大学。通信制高校で授業内容自体のレベルが高くはなかったのですが、受験に必要な数英を中心に学習、AO入試の直前には学校で履修していない物理を徹底的に指導。本番を想定したブレッドボード上での回路作成演習を行い、面接も直前1週間は15時間くらい徹底して練習。一般受験の前に見事AO推薦で当初の第一志望校合格を決めました。

 

Rさん(幕張総合高校、志学館高等部、千葉敬愛高校合格)は中2の春に「幕張総合高校に行きたい」という希望を持って入塾。まず英語・国語が得意科目になり、数理社は最後まで波がありましたが後期入試で見事合格しました。本人の手記を掲載します。

 

最後まで諦めずに頑張ったことが結果として合格に結びつきました。 

合格後は高校も数学と英語を継続して塾に通い、現在は大学で心理学を学んでいます

 

Y君(東京海洋大 海洋科学部 海洋生物資源学科合格)は開校時からの生徒です。最初は英語の強化のために通塾していました。3年生になって部活を引退後本格的に入試勉強を開始。自分でできる科目は自宅で学習してもらいながら塾での科目を数学・英語に絞り徹底的に強化、センター試験1ヶ月前には伸び悩んでいた化学も追加して徹底的に勉強してもらいました。センターでの得点は事前のプレテストとほぼ同等、センター配点400点、2次試験(小論文)300点での勝負となりました。小論文対策として過去問を徹底的に解かせ、新書で5冊(すべて資源・環境関係)を読ませて予備知識をつけてもらい、2次試験に臨みました。小論文は「書きたいことが書けた」と本人が言っていましたが、ほぼ全問正答。見事第一志望校に合格しました。

 

Iさん(帝京平成大 地域医療学部 理学療法科合格)が塾に来たのは3年の7月。部活で忙しかったため、受験勉強らしいことはしていませんでした。最初に受験科目を決めました。本人は英語・生物で受験を希望していました(その方が入試に際し有利になると聞いていたそうです)が、AO入試希望ということもあり、時間的制約から英語・国語で受験してもらうことでスタートしました。まずは担当講師と過去問の精査を開始。出題傾向をしっかり把握した上で読解力の向上等を図りながら夏期講習を受講してもらい、9月からは過去問も取り入れながら実戦形式で授業を進めました。素直な性格で講師のアドバイスをほぼ100%吸収してくれたことで試験勘が養われ、同時に教室長による徹底した面接対策も行われました。面接はあえて意地悪なことも質問しました(聞かれたくないことを聞いてくるのが面接官。ご無礼はお許しください。)。I期は第2志望合格でしたが、 II期を再受験し見事第一志望合格を勝ち取りました!合格後も理系科目の強化のため通塾しました。


A君(磯辺高校合格)は苦手な英語をほとんど勉強していない状態で中3の秋入塾しました。どうしても磯辺高校に行きたい!という執念にも似た希望がありましたが、入塾直後の模試ではB判定。そこから追い上げが始まりました。模試は毎回欠かさず受験、弱点を科目ごとに把握して、毎回授業終了時には自ら希望してプリント課題を持ち帰り解きまくりました。最後の模試はA判定。同時に教室長と志望校複数の評定方法を精査。実技科目に非常に低い評価がひとつだけあり、最後まで悩みましたが、最終的には過去問の得点と評定方法から判断して、本人の希望通り磯辺高校突破を目標にしました。特色化では合格できませんでしたが、集中力を切らすことなく一般入試で見事合格しました。面接特訓でもダメ出しを徹底的に行いました。

 

Bさん(市立千葉高校合格)は数学を強化したいということで3年になってから通塾していました。最初の模試ではC判定、このままでは厳しいと判断した時点で、ありとあらゆるテキストと過去問と予想問題を驚異的なスピードで解き本番で合格最低点を視野に入れながら勉強を行いました。最後は過去問2回目も解いてもらいました。内申点は良かったので入試の点を上げる(取りこぼさない)ことに比重を置きました。一般入試初日はテストの得点が思ったように伸びず思い切り泣いていましたが、気を取り直して面接を乗り切り見事合格を手にしました。漢検と英検の級も確実に取っていたことも大きいと思います。

 

C君(淑徳大合格)は臨床心理学部に関心がありましたが、具体的にどのように受験勉強をしたら良いのかわからない状態で4月に入塾しました。指導は生活習慣の見直しから始まりました。同時に英語と国語科目を基礎から見直しました。伸び悩み、やる気を失いかけた時期もありましたが、教室長、講師、保護者の方とで連携をうまく取りながら、目標に向かい頑張ってもらいました。塾のある日はほぼ毎日電話を自宅にしていました。最終的には上位校は受験せず国家試験合格率の高い淑徳大への進学を決めました。やる気を失いかけたある日、何回か自宅まで「今やらせなければ絶対にだめなんだ!」との思いのみで教室長は授業前に自習をしてもらうため雪の降る中を迎えに行ったことを思い出しています。普通の塾ならそこまでやらないでしょうが、やらなければ後がないんだということをわかってもらえたと思います。
  

                                                                      

Kさん(和洋国府台女子中合格)は小5の夏期講習から通塾、受験までの期間が限られていましたが4科受験を選択、受験勉強をスタートさせました。短期間で一通りの学習はできないので志望校を絞り、それに特化した学習を行ないました。従って算数の方陣算や日暦算などは最初から手をつけず、つるかめ算、旅人算、流水算、仕事算などの基本形に集中しました。途中ゴールが見えず悩んだ時期もありましたががんばって乗り切り本番では特訓した面接もうまく行き見事合格しました。中学の予習(数英)を行ない中学生活をスタートさせています。

 

Dさん(青山学院女子短期大学合格)は部活が終了して7月に塾に来ました。具体的な志望校はありましたが、そのために何をするかあいまいな点があったので、受験科目で志望校を絞り込むことを提案して授業に入りました。教材は教室長がすべて選んで購入しました。お母様は「だめなら専門学校でも」とおっしゃいましたが、将来のことがまだ決まっていない段階で専門学校は希望と会わなくなったときに後悔するし危険だと説得しました。時間が短く本人も大変だったと思いますが、自習もしっかりと行い、授業にも集中して取り組んでくれたおかげで、短大では難関校の青山学院女子短期大学に見事合格しました。合格の大きな要因は「無駄な授業を行わなかった」ことです。過去問はできるだけ授業外で解くようにしてもらい、正答率の低い問題を徹底的に分析して解けるようにしたことも受験までの日数が短い中で有効でした。 

 

Mさん(県立鶴舞看護専門学校、市原看護専門学校合格)は社会人で受験直前の9月に塾に来ました。国語の能力は高かったのですが数学は忘れている状態でそこからのスタート。志願書も一緒にチェック。ハンディのある中、希望の職を目指すために甘えを一切排除して授業を行いました。時間がないので過去問中心に演習を徹底的に行ないました。授業が終わると放心状態になること数回。その甲斐あって?無事合格しました。お礼のケーキおいしかったです。

 

合格に向けて志望校別の対策を徹底的に行っています。地味ですが確実に効果の出る方法を取り入れています。

 

中学・高校・大学受験の過去問(写真は大学受験用です)や参考書類も充実しています。
 

受験で、勉強でお悩みの方は、ご来塾いただき教室長とお話をしていただければ悩みは解決できるはずです(入会を強制したりしませんのでご安心ください。実際に何人も学習・進路相談に来られています。)。


中学・高校・大学入試それぞれに実力を出せる個別指導塾、それが京進スクール・ワン「鎌取教室」です。